1月, 2015 Archives

海外ファンドを購入するにあたって欠かすことのできないのがIFAの存在です。IFAは個人専門のファイナンシャルアドバイザーで、成功報酬型のスタイルで報酬(手数料)を得ています。

単に特定の金融機関の商品を販売するスタイルではなく、様々な金融機関の金融商品を取り扱い、販売から運用、フォローまで一貫してくれる存在です。これが一般的な「販売会社」と異なるところで、販売会社としては金融商品を販売したあとのことはクライアント任せでしたが、IFAの場合は販売してからも継続して運用、フォロー、アドバイスがありますので、商品を買ってもらった後がスタートということになります。

特に生命保険型投資商品は運用内容を委託するような商品に関しては、アドバイスというよりも運用を委託することになります。IFAの運用によってその運用益が大幅に変わります。つまりこれこそがIFAのスキル、ということになります。

しかし、IFAのスキルに関しては契約前の段階でその善し悪しはなかなか判断することができません。もちろん、契約前にIFAを変更することはできます。まずは好き似るに関しては一度何も考えずに契約してみて、自分に合ったIFAを探し見つけることが良いでしょう。

1998年に法改正があってからは日本国内以外の投資が可能となり、近年ではどんどんと海外投資商品を購入する方が増えてきました。それまでは日本国内の優良企業への投資が一般的でした。ただし、最近は今後成長が見込めるであろう国の債権や海外の企業への株式を購入するなどの唐紙が浸透してきました。日本国内は不況、不況と言われていますが、海外投資は積極的です。

海外投資と言っても色々な種類の商品がありますが、その中でも特に人気があるのが海外ファンドです。海外ファンドは外国の投資信託です。
株式ファンド、ヘッジファンド、債権ファンド、商品ファンド、不動産ファンドなど色々なファンドがあり、さらに最近では外国通貨の取引も人気があります。

通貨で人気なのはイラクディナールというイラクの通貨です。イラクは数年前に大きな戦争があり、フセイン政権が崩壊してからはイラクディナールの大暴落がありました。しかし、イラク政治や経済が順調に復興し続けており、将来的にも成長するであろうと言われ得評価が高まってきました。

不動産で人気のあるのがカナダです。カナダは治安も良く住みやすさに定評があり、毎年海外からの移民も多く、10年以上財政黒字を続けている優良国です。ランドバンキングでも常に人気でお金の集まる国です。