3月, 2015 Archives

投資で重荷になるのは手数料よりも税金だと言う人が多いですね。最近の投資業者は、引き出し手数料などを極力抑えるように努力をしていますが、税金だけはどうやっても逃げることはできません。投資の納税金額は、年間30万円以上で20%分となりますので、投資家に与える負担は非常に大きく圧し掛かってきます。そんな投資にかかる税金なのですが、NISAを使えば解決できるかもしれません。

NISAとは2014年から始まった新しい制度です。NISAは副業で投資を行なってきた投資家の難点だった小額の稼ぎでも税金を納める負担を軽減してくれるという制度です。NISA口座を作成しますと、いままで30万円から納税してきたものが、100万円まで非課税対象額が引き上げられます。投資の生活で暮らしを立てているという人はともかく、それほどの稼ぎが無い副業で投資をしている人は、非常に大きな制度だと思います。

NISAの特徴なのですが、稼ぎが100万円に満たなかった場合、最長で5年分まで繰り越しができるという特徴があります。今とりあえずNISA口座を作りまして、5年後に投資を本格的に行なったという場合では、非課税金額は500万円にもなります。500万円も稼ぐと100万円は税金として取られる計算になりますので、投資をする予定は無くてもとりあえず口座作成だけでもしておくことをオススメします。