4月, 2015 Archives

老後にお金があるのとないのとでは、その生活に大きな違いがあります。せっかく頑張って仕事をしてきたのに、定年後にお金がなく、貧乏な生活をするというのはあまりにも人生の終わりとして悲しいとは思いませんか?そう考えた人達を中心に広がっているのが、老後資金を確保するための方法である「個人年金」という考え方です。

現状、国が行っている公的年金というのはそれほど信用できるものではなくなってきました。少子高齢化によって支給額は下がっていくことが考えられますし、支給年齢も遅くなっていくことが考えられます。現在ですら定年を迎えてから年金が貰えるまでに空白期間があるのに、です。

そういった問題を解決するためには、自分自身で資産形成を行っておくしかありません。それこそが個人年金という考え方です。
個人年金を行う場合、考えなければならないのが資産形成の方法です。多くの資産を形成するためには、貯蓄だけではなく、資産投資を用いて増やしていく事を考えなければなりません。ただ、初めて資産運用をするのであれば分からないことも多いかと思います。

まず投資の初心者は、自分が出せる損失の限界について知っておかなければなりません。それを知ることが第一歩となります。

一歩進んだ記事はこちら
しっかり基礎を固めたい方におすすめです。