Category: 保険

貯蓄型保険を利用するのであれば、その目的は保険ではなく貯蓄の方にバイアスがかかるものだと考える必要があります。単純に保険としてだけの効果を求めて保険利用をするのであれば、掛け捨て保険の方が優れている点が多いためです。では、貯蓄型保険を貯蓄として利用することによるメリットはどんな部分にあるのでしょうか?

まず一つに、日本の銀行の利率が低いために、より高い利率による資産形成を目指すことが出来る、ということが挙げられます。銀行預金ではほとんど利率というものは存在していないようなもので、増やすことには全く適しているとはいえません。対して貯蓄型保険のなかにはかなり高めの利率を設定しているものもあり、正しく利用することによってより高い資産形成を期待できることになります。

ただし、特約と呼ばれるオプション部分の保険料については貯蓄に含まれず、掛け捨てと扱われる事が多いため特約を付ける場合には注意が必要です。
もう一つのポイントとしては、貯蓄に保険の効果も付随しているということです。確かに掛け捨て保険に比べると対費用効果に優れているとはいえませんが、丸腰であるのに比べれば幾分良い効果を期待することが出来るので無駄にはなりません。

貯蓄型保険に関する人気ブログ
↑おすすめのコンテンツです。