知らないと損する資産運用ニュース http://www.howardsutton.com 2016-05-02T06:44:53Z hourly 1 2000-01-01T12:00+00:00 資産運用の方法はなにがあるか http://www.howardsutton.com/2015/10/15/article-20151015-2/ 2015-10-14T06:00:00Z admin お金を稼ぐ難易度は、今持っているお金によって決まります。今全くお金を持っていないという人は、残念ながら楽にお金を稼ぐ方法というのはありません。まずは元手となるお金を作るために精一杯仕事をすることが重要になります。しかし、今お金を持っているという人は、そのお金を利用することによって比較的簡単にお金を稼ぐ事が可能になります。このような方法のことを「資産運用」と呼びます。 ただ、一口に資産運用といってもその手法は様々です。そこでここでは、よく行われる資産運用の方法について幾つかピックアップして紹介します。 まず1つ目は「株式投資」についてです。株式会社の資金源となる株式を購入し、保有し続けるか、あるいは高くなった時に売却することによって利益を得るというものです。前者は値動きが少ない大企業の株式を、後者は値動きが大きい中小企業の株式を利用するケースが多いと言えます。 次に「不動産投資」についてです。個人で行う場合、不動産を購入してそれを賃貸として利用することによって家賃収入を得る、という方法で行われます。安い時に購入して高い時に売却する方法はバブルの崩壊と共にあまり見られなくなりました。リスクの高さが周知されたためです。 お金を稼ぐ難易度は、今持っているお金によって決まります。今全くお金を持っていないという人は、残念ながら楽にお金を稼ぐ方法というのはありません。まずは元手となるお金を作るために精一杯仕事をすることが重要になります。しかし、今お金を持っているという人は、そのお金を利用することによって比較的簡単にお金を稼ぐ事が可能になります。このような方法のことを「資産運用」と呼びます。

ただ、一口に資産運用といってもその手法は様々です。そこでここでは、よく行われる資産運用の方法について幾つかピックアップして紹介します。

まず1つ目は「株式投資」についてです。株式会社の資金源となる株式を購入し、保有し続けるか、あるいは高くなった時に売却することによって利益を得るというものです。前者は値動きが少ない大企業の株式を、後者は値動きが大きい中小企業の株式を利用するケースが多いと言えます。

次に「不動産投資」についてです。個人で行う場合、不動産を購入してそれを賃貸として利用することによって家賃収入を得る、という方法で行われます。安い時に購入して高い時に売却する方法はバブルの崩壊と共にあまり見られなくなりました。リスクの高さが周知されたためです。

]]>
運用会社に関する問題点がある http://www.howardsutton.com/2015/06/27/article-20150627-2/ 2015-06-26T06:00:00Z admin 日本国内では2001年以降に登場し、現在ではなかなか注目を集める投資対象となっているのが不動産投資信託です。一般的な投資信託が証券を取り扱うのに対して、不動産を取り扱う投資信託ということになります。アメリカではこの不動産投資信託のことをReal Estate Investment Trustの略称であるREITと呼んでいます。日本国内のものはこれにJapanを付けたJ-REITと呼ばれます。 ただ、このJ-REITは登場からまだ日が浅いということもあり、システム的に未成熟な部分というのも残されています。ここでは、不動産投資信託について今後の改善が期待されるポイントについて紹介していきたいと思います。 中でも特に大きな問題であるのが、利益相反が発生する可能性があるということです。基本的に不動産投資信託というのは単独で運営されているものではなく、運用会社によって基本的な投資というものが行なわれています。この運用会社は自分自身も不動産に対する投資を行っているためにこの問題は発生します。 もし、投資効果が高いと見込まれる不動産があった場合、まず運用会社がそれに投資してしまうため、不動産投資信託に残らない、というのがこの問題です。 日本国内では2001年以降に登場し、現在ではなかなか注目を集める投資対象となっているのが不動産投資信託です。一般的な投資信託が証券を取り扱うのに対して、不動産を取り扱う投資信託ということになります。アメリカではこの不動産投資信託のことをReal Estate Investment Trustの略称であるREITと呼んでいます。日本国内のものはこれにJapanを付けたJ-REITと呼ばれます。

ただ、このJ-REITは登場からまだ日が浅いということもあり、システム的に未成熟な部分というのも残されています。ここでは、不動産投資信託について今後の改善が期待されるポイントについて紹介していきたいと思います。

中でも特に大きな問題であるのが、利益相反が発生する可能性があるということです。基本的に不動産投資信託というのは単独で運営されているものではなく、運用会社によって基本的な投資というものが行なわれています。この運用会社は自分自身も不動産に対する投資を行っているためにこの問題は発生します。

もし、投資効果が高いと見込まれる不動産があった場合、まず運用会社がそれに投資してしまうため、不動産投資信託に残らない、というのがこの問題です。

]]>
損失の限界を知る所から始めよう http://www.howardsutton.com/2015/04/24/article-20150424-2/ 2015-04-23T06:00:00Z admin 老後にお金があるのとないのとでは、その生活に大きな違いがあります。せっかく頑張って仕事をしてきたのに、定年後にお金がなく、貧乏な生活をするというのはあまりにも人生の終わりとして悲しいとは思いませんか?そう考えた人達を中心に広がっているのが、老後資金を確保するための方法である「個人年金」という考え方です。 現状、国が行っている公的年金というのはそれほど信用できるものではなくなってきました。少子高齢化によって支給額は下がっていくことが考えられますし、支給年齢も遅くなっていくことが考えられます。現在ですら定年を迎えてから年金が貰えるまでに空白期間があるのに、です。 そういった問題を解決するためには、自分自身で資産形成を行っておくしかありません。それこそが個人年金という考え方です。個人年金を行う場合、考えなければならないのが資産形成の方法です。多くの資産を形成するためには、貯蓄だけではなく、資産投資を用いて増やしていく事を考えなければなりません。ただ、初めて資産運用をするのであれば分からないことも多いかと思います。 まず投資の初心者は、自分が出せる損失の限界について知っておかなければなりません。それを知ることが第一歩となります。 一歩進んだ記事はこちらしっかり基礎を固めたい方におすすめです。 老後にお金があるのとないのとでは、その生活に大きな違いがあります。せっかく頑張って仕事をしてきたのに、定年後にお金がなく、貧乏な生活をするというのはあまりにも人生の終わりとして悲しいとは思いませんか?そう考えた人達を中心に広がっているのが、老後資金を確保するための方法である「個人年金」という考え方です。

現状、国が行っている公的年金というのはそれほど信用できるものではなくなってきました。少子高齢化によって支給額は下がっていくことが考えられますし、支給年齢も遅くなっていくことが考えられます。現在ですら定年を迎えてから年金が貰えるまでに空白期間があるのに、です。

そういった問題を解決するためには、自分自身で資産形成を行っておくしかありません。それこそが個人年金という考え方です。
個人年金を行う場合、考えなければならないのが資産形成の方法です。多くの資産を形成するためには、貯蓄だけではなく、資産投資を用いて増やしていく事を考えなければなりません。ただ、初めて資産運用をするのであれば分からないことも多いかと思います。

まず投資の初心者は、自分が出せる損失の限界について知っておかなければなりません。それを知ることが第一歩となります。

一歩進んだ記事はこちら
しっかり基礎を固めたい方におすすめです。

]]>
税金の管理はNISAにまかせる http://www.howardsutton.com/2015/03/02/article-20150302-2/ 2015-03-01T06:00:00Z admin 投資で重荷になるのは手数料よりも税金だと言う人が多いですね。最近の投資業者は、引き出し手数料などを極力抑えるように努力をしていますが、税金だけはどうやっても逃げることはできません。投資の納税金額は、年間30万円以上で20%分となりますので、投資家に与える負担は非常に大きく圧し掛かってきます。そんな投資にかかる税金なのですが、NISAを使えば解決できるかもしれません。 NISAとは2014年から始まった新しい制度です。NISAは副業で投資を行なってきた投資家の難点だった小額の稼ぎでも税金を納める負担を軽減してくれるという制度です。NISA口座を作成しますと、いままで30万円から納税してきたものが、100万円まで非課税対象額が引き上げられます。投資の生活で暮らしを立てているという人はともかく、それほどの稼ぎが無い副業で投資をしている人は、非常に大きな制度だと思います。 NISAの特徴なのですが、稼ぎが100万円に満たなかった場合、最長で5年分まで繰り越しができるという特徴があります。今とりあえずNISA口座を作りまして、5年後に投資を本格的に行なったという場合では、非課税金額は500万円にもなります。500万円も稼ぐと100万円は税金として取られる計算になりますので、投資をする予定は無くてもとりあえず口座作成だけでもしておくことをオススメします。 投資で重荷になるのは手数料よりも税金だと言う人が多いですね。最近の投資業者は、引き出し手数料などを極力抑えるように努力をしていますが、税金だけはどうやっても逃げることはできません。投資の納税金額は、年間30万円以上で20%分となりますので、投資家に与える負担は非常に大きく圧し掛かってきます。そんな投資にかかる税金なのですが、NISAを使えば解決できるかもしれません。

NISAとは2014年から始まった新しい制度です。NISAは副業で投資を行なってきた投資家の難点だった小額の稼ぎでも税金を納める負担を軽減してくれるという制度です。NISA口座を作成しますと、いままで30万円から納税してきたものが、100万円まで非課税対象額が引き上げられます。投資の生活で暮らしを立てているという人はともかく、それほどの稼ぎが無い副業で投資をしている人は、非常に大きな制度だと思います。

NISAの特徴なのですが、稼ぎが100万円に満たなかった場合、最長で5年分まで繰り越しができるという特徴があります。今とりあえずNISA口座を作りまして、5年後に投資を本格的に行なったという場合では、非課税金額は500万円にもなります。500万円も稼ぐと100万円は税金として取られる計算になりますので、投資をする予定は無くてもとりあえず口座作成だけでもしておくことをオススメします。

]]>
IFAのスキルの見極めは難しい http://www.howardsutton.com/2015/01/24/article-20150124-2/ 2015-01-23T06:00:00Z admin 海外ファンドを購入するにあたって欠かすことのできないのがIFAの存在です。IFAは個人専門のファイナンシャルアドバイザーで、成功報酬型のスタイルで報酬(手数料)を得ています。 単に特定の金融機関の商品を販売するスタイルではなく、様々な金融機関の金融商品を取り扱い、販売から運用、フォローまで一貫してくれる存在です。これが一般的な「販売会社」と異なるところで、販売会社としては金融商品を販売したあとのことはクライアント任せでしたが、IFAの場合は販売してからも継続して運用、フォロー、アドバイスがありますので、商品を買ってもらった後がスタートということになります。 特に生命保険型投資商品は運用内容を委託するような商品に関しては、アドバイスというよりも運用を委託することになります。IFAの運用によってその運用益が大幅に変わります。つまりこれこそがIFAのスキル、ということになります。 しかし、IFAのスキルに関しては契約前の段階でその善し悪しはなかなか判断することができません。もちろん、契約前にIFAを変更することはできます。まずは好き似るに関しては一度何も考えずに契約してみて、自分に合ったIFAを探し見つけることが良いでしょう。 海外ファンドを購入するにあたって欠かすことのできないのがIFAの存在です。IFAは個人専門のファイナンシャルアドバイザーで、成功報酬型のスタイルで報酬(手数料)を得ています。

単に特定の金融機関の商品を販売するスタイルではなく、様々な金融機関の金融商品を取り扱い、販売から運用、フォローまで一貫してくれる存在です。これが一般的な「販売会社」と異なるところで、販売会社としては金融商品を販売したあとのことはクライアント任せでしたが、IFAの場合は販売してからも継続して運用、フォロー、アドバイスがありますので、商品を買ってもらった後がスタートということになります。

特に生命保険型投資商品は運用内容を委託するような商品に関しては、アドバイスというよりも運用を委託することになります。IFAの運用によってその運用益が大幅に変わります。つまりこれこそがIFAのスキル、ということになります。

しかし、IFAのスキルに関しては契約前の段階でその善し悪しはなかなか判断することができません。もちろん、契約前にIFAを変更することはできます。まずは好き似るに関しては一度何も考えずに契約してみて、自分に合ったIFAを探し見つけることが良いでしょう。

]]>
海外投資の人気のある商品 http://www.howardsutton.com/2015/01/08/article-20150108-2/ 2015-01-07T06:00:00Z admin 1998年に法改正があってからは日本国内以外の投資が可能となり、近年ではどんどんと海外投資商品を購入する方が増えてきました。それまでは日本国内の優良企業への投資が一般的でした。ただし、最近は今後成長が見込めるであろう国の債権や海外の企業への株式を購入するなどの唐紙が浸透してきました。日本国内は不況、不況と言われていますが、海外投資は積極的です。 海外投資と言っても色々な種類の商品がありますが、その中でも特に人気があるのが海外ファンドです。海外ファンドは外国の投資信託です。株式ファンド、ヘッジファンド、債権ファンド、商品ファンド、不動産ファンドなど色々なファンドがあり、さらに最近では外国通貨の取引も人気があります。 通貨で人気なのはイラクディナールというイラクの通貨です。イラクは数年前に大きな戦争があり、フセイン政権が崩壊してからはイラクディナールの大暴落がありました。しかし、イラク政治や経済が順調に復興し続けており、将来的にも成長するであろうと言われ得評価が高まってきました。 不動産で人気のあるのがカナダです。カナダは治安も良く住みやすさに定評があり、毎年海外からの移民も多く、10年以上財政黒字を続けている優良国です。ランドバンキングでも常に人気でお金の集まる国です。 1998年に法改正があってからは日本国内以外の投資が可能となり、近年ではどんどんと海外投資商品を購入する方が増えてきました。それまでは日本国内の優良企業への投資が一般的でした。ただし、最近は今後成長が見込めるであろう国の債権や海外の企業への株式を購入するなどの唐紙が浸透してきました。日本国内は不況、不況と言われていますが、海外投資は積極的です。

海外投資と言っても色々な種類の商品がありますが、その中でも特に人気があるのが海外ファンドです。海外ファンドは外国の投資信託です。
株式ファンド、ヘッジファンド、債権ファンド、商品ファンド、不動産ファンドなど色々なファンドがあり、さらに最近では外国通貨の取引も人気があります。

通貨で人気なのはイラクディナールというイラクの通貨です。イラクは数年前に大きな戦争があり、フセイン政権が崩壊してからはイラクディナールの大暴落がありました。しかし、イラク政治や経済が順調に復興し続けており、将来的にも成長するであろうと言われ得評価が高まってきました。

不動産で人気のあるのがカナダです。カナダは治安も良く住みやすさに定評があり、毎年海外からの移民も多く、10年以上財政黒字を続けている優良国です。ランドバンキングでも常に人気でお金の集まる国です。

]]>
資産形成のための保険として http://www.howardsutton.com/2014/12/07/article-20141207-2/ 2014-12-06T06:00:00Z admin 貯蓄型保険を利用するのであれば、その目的は保険ではなく貯蓄の方にバイアスがかかるものだと考える必要があります。単純に保険としてだけの効果を求めて保険利用をするのであれば、掛け捨て保険の方が優れている点が多いためです。では、貯蓄型保険を貯蓄として利用することによるメリットはどんな部分にあるのでしょうか? まず一つに、日本の銀行の利率が低いために、より高い利率による資産形成を目指すことが出来る、ということが挙げられます。銀行預金ではほとんど利率というものは存在していないようなもので、増やすことには全く適しているとはいえません。対して貯蓄型保険のなかにはかなり高めの利率を設定しているものもあり、正しく利用することによってより高い資産形成を期待できることになります。 ただし、特約と呼ばれるオプション部分の保険料については貯蓄に含まれず、掛け捨てと扱われる事が多いため特約を付ける場合には注意が必要です。もう一つのポイントとしては、貯蓄に保険の効果も付随しているということです。確かに掛け捨て保険に比べると対費用効果に優れているとはいえませんが、丸腰であるのに比べれば幾分良い効果を期待することが出来るので無駄にはなりません。 貯蓄型保険に関する人気ブログ↑おすすめのコンテンツです。 貯蓄型保険を利用するのであれば、その目的は保険ではなく貯蓄の方にバイアスがかかるものだと考える必要があります。単純に保険としてだけの効果を求めて保険利用をするのであれば、掛け捨て保険の方が優れている点が多いためです。では、貯蓄型保険を貯蓄として利用することによるメリットはどんな部分にあるのでしょうか?

まず一つに、日本の銀行の利率が低いために、より高い利率による資産形成を目指すことが出来る、ということが挙げられます。銀行預金ではほとんど利率というものは存在していないようなもので、増やすことには全く適しているとはいえません。対して貯蓄型保険のなかにはかなり高めの利率を設定しているものもあり、正しく利用することによってより高い資産形成を期待できることになります。

ただし、特約と呼ばれるオプション部分の保険料については貯蓄に含まれず、掛け捨てと扱われる事が多いため特約を付ける場合には注意が必要です。
もう一つのポイントとしては、貯蓄に保険の効果も付随しているということです。確かに掛け捨て保険に比べると対費用効果に優れているとはいえませんが、丸腰であるのに比べれば幾分良い効果を期待することが出来るので無駄にはなりません。

貯蓄型保険に関する人気ブログ
↑おすすめのコンテンツです。

]]>
マンション管理を外部委託するメリット http://www.howardsutton.com/2014/11/19/article-20141119/ 2014-11-18T06:00:00Z admin サラリーマンの方が副業として投資用マンションの購入をし、資産運用するのであれば、管理面を不動産管理会社に委託することをお勧めします。特にその点まで想定せず、副業として投資用マンションで家賃収入を得ようと思っても、実際はやらなくてはならないことがたくさんあります。よく不労所得を得る、と言われることもありますが、それなりのことをこなさなくてはならないので、専業で行うならともかく、片手間でできることではありません。 では不動産管理会社がどのようなことを行ってくれるのか、ということですが、入居者の管理、入金管理、問い合わせやクレーム対応、家賃未納者に対する督促、設備のメンテナンスなど様々です。たとえば共有スペースの設備にしても早急に対応して、入居者から不満が出ないようにしておかねばなりません。また、入居者が退去して空き室になった部屋もそのままにしておいたら家賃の収入がなくなりますので、いち早く対応して入居者を集めないといけません。 不動産管理会社に委託することのメリットとして、設備のメンテナンスを得意先の業者に対応してもらうことでコストを抑えることができますし、入居者募集業務にしても独自のネットワークで幅広く募集ができます。 管理を外部委託することはオーナーができないこともすぐに対応できる、というメリットがあります。 サラリーマンの方が副業として投資用マンションの購入をし、資産運用するのであれば、管理面を不動産管理会社に委託することをお勧めします。特にその点まで想定せず、副業として投資用マンションで家賃収入を得ようと思っても、実際はやらなくてはならないことがたくさんあります。よく不労所得を得る、と言われることもありますが、それなりのことをこなさなくてはならないので、専業で行うならともかく、片手間でできることではありません。

では不動産管理会社がどのようなことを行ってくれるのか、ということですが、入居者の管理、入金管理、問い合わせやクレーム対応、家賃未納者に対する督促、設備のメンテナンスなど様々です。たとえば共有スペースの設備にしても早急に対応して、入居者から不満が出ないようにしておかねばなりません。また、入居者が退去して空き室になった部屋もそのままにしておいたら家賃の収入がなくなりますので、いち早く対応して入居者を集めないといけません。

不動産管理会社に委託することのメリットとして、設備のメンテナンスを得意先の業者に対応してもらうことでコストを抑えることができますし、入居者募集業務にしても独自のネットワークで幅広く募集ができます。

管理を外部委託することはオーナーができないこともすぐに対応できる、というメリットがあります。

]]>
レバレッジを効かせて投資するヘッジファンド http://www.howardsutton.com/2014/11/14/article-20141114-2/ 2014-11-13T06:00:00Z admin ヘッジファンドは相場の状況が上向きでも下向きでもとにかく収益を上げるという投資姿勢で行うものです。ヘッジファンドは帰省が少ないので運用によって収益を上げるためには手段を選ばずに、空売りを積極的に行うなどあらゆる投資方法を使って収益を出すことに集中して運用を行います。そのため、かなり投機的なイメージを持たれつつあります。 ヘッジファンドはこれまでずっと私募ファンドでした。限られた富裕層向けの投資と言われていました。商品そのものもオーダーメイドな商品設計がされており、最低投資金額は日本円で1億円以上とも言われていました。ここ数年、絶対収益を目指すスタイルが指示されつつあり、公募ファンドでもヘッジファンドが販売されるようになりました。 空売りを積極的に行うヘッジファンドは相場全体が上がっていても下がっていても利益を上げることができます。実際に下げ相場が得意というヘッジファンドも多く存在します。ヘッジファンドは基本的にレバレッジを効かせて運用を行いますので、巨額の取引ができます。これによって投資した資金に対し、運用利回りが現物取引の3〜10倍とも言われています。 反対に損失も同じくらいの倍率となっており、ハイリスク・ハイリターンの投資でもあります。 ヘッジファンドは相場の状況が上向きでも下向きでもとにかく収益を上げるという投資姿勢で行うものです。ヘッジファンドは帰省が少ないので運用によって収益を上げるためには手段を選ばずに、空売りを積極的に行うなどあらゆる投資方法を使って収益を出すことに集中して運用を行います。そのため、かなり投機的なイメージを持たれつつあります。

ヘッジファンドはこれまでずっと私募ファンドでした。限られた富裕層向けの投資と言われていました。商品そのものもオーダーメイドな商品設計がされており、最低投資金額は日本円で1億円以上とも言われていました。ここ数年、絶対収益を目指すスタイルが指示されつつあり、公募ファンドでもヘッジファンドが販売されるようになりました。

空売りを積極的に行うヘッジファンドは相場全体が上がっていても下がっていても利益を上げることができます。実際に下げ相場が得意というヘッジファンドも多く存在します。ヘッジファンドは基本的にレバレッジを効かせて運用を行いますので、巨額の取引ができます。これによって投資した資金に対し、運用利回りが現物取引の3〜10倍とも言われています。

反対に損失も同じくらいの倍率となっており、ハイリスク・ハイリターンの投資でもあります。

]]>
レート変動のしやすさで分類できる http://www.howardsutton.com/2014/10/25/article-20141025/ 2014-10-24T06:00:00Z admin 投資には期間における分類があります。長期投資と短期投資という分類ということになります。この二つは何れも同じ投資ではあるものの、その手法や考え方に大きな違いがあるため、同じものとして判断することは出来ません。では、それぞれがどういった投資の方法であるのか、ということについて簡単に紹介していきたいと思います。 長期投資は株式投資や不動産投資などによって行なわれる投資の方法です。株式投資の場合には株式を保有していることによって分配金を受け取ることが出来るため、これが利益となります。また、株主優待が発生するため、お金以外の部分でも得をするというメリットがあります。不動産投資については賃貸経営によって家賃収入を得ることができる、というのが主な長期投資としての要素となります。 対して短期投資として行なわれる方法はかなり多岐に渡ります。メジャーなものでは通貨取引や株式投資などがあるでしょう。株式投資は長期投資として利用することもできますが、中小企業のようにレート変動を起こしやすい対象であれば短期投資としても利用し易いと言えます。通貨取引もレート変動が激しいというのが短期投資として利用される理由となっています。 長期投資専門のメディアへGO! 投資には期間における分類があります。長期投資と短期投資という分類ということになります。この二つは何れも同じ投資ではあるものの、その手法や考え方に大きな違いがあるため、同じものとして判断することは出来ません。では、それぞれがどういった投資の方法であるのか、ということについて簡単に紹介していきたいと思います。

長期投資は株式投資や不動産投資などによって行なわれる投資の方法です。株式投資の場合には株式を保有していることによって分配金を受け取ることが出来るため、これが利益となります。また、株主優待が発生するため、お金以外の部分でも得をするというメリットがあります。不動産投資については賃貸経営によって家賃収入を得ることができる、というのが主な長期投資としての要素となります。

対して短期投資として行なわれる方法はかなり多岐に渡ります。メジャーなものでは通貨取引や株式投資などがあるでしょう。株式投資は長期投資として利用することもできますが、中小企業のようにレート変動を起こしやすい対象であれば短期投資としても利用し易いと言えます。通貨取引もレート変動が激しいというのが短期投資として利用される理由となっています。

長期投資専門のメディアへGO!

]]>